はきだめにつる

いつまでも輝いていて

推しが『猫のひたいほどワイド』新MCに就任して1クールが経ったので雑感を書くよ/猫ひた観覧まとめ


今日から2クール目に突入したのは内緒。

f:id:edmm_yummy:20190810020136j:plain



舞台上で猫になってしまうほど*1猫という生物を愛してやまない推し・久保田悠来さん(38歳/俳優/神奈川県平塚市出身)が、2019年4月よりtbk「猫のひたいほどワイド」月曜日のMCに就任されました。


主演舞台仮面ライダー斬月」大千秋楽の翌日、4月1日の初回放送から7月1日でちょうど1クール。久保田さんが言うところの“第一章”、無事完走おめでとうございます!!!

わたしも3月の舞台斬月から7月の映画GOZEN初日舞台挨拶まで、自宅(とーほくちほー)と京都東京名古屋大阪+週1横浜を全力で飛び回っていたので、7月はめちゃくちゃ在宅しました。今日からおたくに戻れる気がしない。

2019年4月1日、猫ひた新MCとして颯爽とお茶の間に登場した久保田さん。就任当日が新元号発表と被るというトンデモミラクルを起こした彼の猫ひた初任務がこちら。



遡ること約5ヶ月前、舞台斬月へと通うため日本青年館と職場をエンドレスループしていた3月中旬、突如発表された久保田さんの猫ひたレギュラーメンバー加入のニュースはまさにねこ寝耳に水でした。

猫ひたの存在は知っていたものの(『オガッタ!?』の神奈川県版くらいの認識)*2、放送圏外に住んでいる身としては観覧システムを含めた全てが未知の領域で、観覧予約ひとつ取ってもハードル高いな〜と二の足を踏んだ。既存の出演者が多いためTwitterにも詳しい観覧方法のフローなどはなく、観覧予約確定までの情報収集にとても苦しんだので、自分のためにも予約から観覧参加までの流れを記録しておこうと思います。何かのご参考になれば幸いです。



※2019/7/1時点の情報です。


番組観覧予約方法

f:id:edmm_yummy:20190810020325j:plain


横浜メディアビジネスセンター1階、ハーバーズ・ダイニングスタジオエリアにて、ランチをしながら生放送中(12:00~13:30)の番組観覧ができます。観覧の際は要予約。

現在の予約方法は、電話予約店頭予約の2パターン。

※6月末の番組観覧時に“8月以降はWEB上での予約システムに変更となる可能性が高い”と通達されていましたが、現状8月の受付分は従来通りの模様。(2019/7/1時点) → (追記) 9月分もそのままでした。

予約方法の詳細はこちら


電話予約

受付時間:平日14:00~18:00
必要事項:予約希望日 / 氏名 / 人数

予約の際「初めての観覧である」旨を伝えると、スタッフの方から入場時の流れについて大まかな案内があります。

店頭予約

受付時間:平日11:30~
必要事項:予約希望日 / 氏名 / 人数

当日観覧終了後に次回以降の観覧予約が可能。


集合~入場受付

入場開始:11:30~
オンエア:12:00~13:30
※途中入場可

早めに入場するとリハや立ち位置確認をしている出演者が見られることも。借り隊メンバーはこのとき既に衣装のツナギやTシャツに着替えているけど、久保田さんだけは私服のままリハに参加していることが多い。

入場受付

・ランチセット代金精算
・座席番号確認

入場後左手側の受付カウンターにて、ランチセットの代金1,000円を精算。スタッフの方へ予約名を伝え、座席番号相席の有無を確認します。後方席でない限りは相席になることがほとんど。

ランチセット

ランチセットの内訳はパン・一口サイズのお菓子・ドリンクバーの3点。フードコーナーに用意されているパンとお菓子を1つずつ取って着席。

ドリンクは収録中でもおかわり自由だけど、熟練の猛者たちは絶対に自分は席を立たねぇ……って感じでカップ2個持ちで観覧されている方が多い。約1時間半もスタジオで推しを定点できるのに、ご飯も付いて1,000円は安すぎる。入口に展示されているランチセット以外のメニューがとても美味しそうなので、観覧終わりに食べて帰るのが目下の野望。


座席

f:id:edmm_yummy:20190702081001j:plain

ハーバーズダイニングの見取り図が公開されていたので、それを元にざっくり作成してみました。

スタジオに向かって4~5列の長机(観覧の人数によって列数は変動)+両側に椅子のスタイル。

観覧エリアとスタジオ部分はベルトパーテーションで区切られ、スタジオ部分の最奥にMCテーブルや借り隊の雛壇、壁に沿って潜入リポートコーナーのパネルなどが配置されている。

後述するアフタートークでは観覧エリアのパーテーション前まで出演者の方々が来てくれるのですが、久保田さんが小声でボケても観客がそれなりに聞き取れるレベルの距離感。


実際に至近距離で番組が作られていく様子を見られるのはとても面白い。カンペでの指示出しだったり、巻きまくって放送終了時間になんとか収まり出演者とスタッフさんが安堵していたり、タイムキーパーやADさんが忙しなく走り回っていたり、CM入りすぐに「あと○分でーす」って声が響いたり、出演者の何気ない一言でスタッフさんたちも一緒に笑っていたり、出演者だけでなく裏方のスタッフさんたちがどんな動きをしているか見られるのは生放送の面白さなのかなと思う。毎週観覧しているとスタッフさんたちにもどんどん愛着が沸いてきて、うっかり推しのADさん(たぶん)ができてしまった。わたしは遠路はるばる横浜まで何しに来てるんだろう……
出演者と制作陣が和気あいあいとしていて非常に雰囲気が良い現場なので、推しを観に来てそのまま番組のファンになってしまった俳優おたくも多いのではないでしょうか。


猫ひたの撮影現場を見ていると、久保田さんが出演していたマックスマンシリーズを思い出す。テレビ局が舞台の特撮ヒーローのお話で、1作目の久保田さんはディレクター役だったのですが、舞台挨拶で出世したいって言い続けてたら本当に続編でプロデューサーに出世していた。ドリームズカムトゥルーを地で行く推し。本編での久保田さんのセリフはほとんどがアドリブという気の狂った映画なのでぜひご覧下さい。オススメは実質シリーズ最終作の「N.Y.マックスマン」です。神田P(久保田さん)、まさかの既婚者だった回。


オンエア中はカメラが被って観覧エリアから出演者が見えなくなることもあります。特に潜入リポートコーナーではワイプ撮りのため出演者にカメラが寄るので、MCテーブル真正面の自分の席からは推しが完全に見えなくなります。
スタジオの左右には大きな壁掛けのモニターやスクリーンがあるので、推しが見えないときは潔く番組を楽しみましょう。わたしはスタジオでしか猫ひたが観られないので、潜入リポートコーナーはモニター観て普通に楽しんでます。


予約時に座席は確定しているため、放送開始時間を過ぎた場合でも途中入場は可能。ただし机と机の間の通路が死ぬほど狭いので、遅れて入るとめちゃくちゃ気まずい思いをします。


観覧スタート

本番前、ディレクターさん(たぶん)から猫ひた収録中の注意事項について案内があります。

写真、動画は撮影不可
出演者への声かけ、プレゼント類、手紙などは禁止
本番中拍手をお願いします.etc

出演者たちがスタジオ入りする際、観覧エリアにご挨拶してくれます。その時の谷水くんとやかわさんは観客への声かけがホスピタリティに溢れまくっていてびびる。レギュラー4年目の貫禄をひしひしと感じます。推しは「よろしくお願いしま〜す」って言いながら左右にちっちゃく頭下げててかわいい。

放送スタート時、観覧エリアの観客がカメラに容赦なく抜かれます。神奈川のお茶の間に毎週毎週自分の顔面が晒されているという事実。しんどい


生放送中はVTRを見てリアクションする推しが見られたり*3CM中にメンバーと談笑する推しが見られたり、エプロンを付けてもらう推し*4が見られたり、小道具を気に入っていじくっている推しが見られたり、女性の岡村アナよりも念入りにメイク直ししてもらっている推しが見られたり、ボケて即ドヤ顔している推しが見られたりします。


毎週スタジオで観ていると、久保田さんと月曜メンバーの距離が徐々に縮まっているのが伝わってきて非常にエモい。やかわさんがボケを拾ってくれたときの笑顔が凄く嬉しそうなんですよね。やかわさんは久保田さんのツッコミを全方位から拾ってくれる名レシーバーだし、岡村アナはツッコミがキレッキレだし、やかわさん(ツッコミ)・久保田さん(ボケ)・岡村アナ(ツッコミ)のトリオの布陣が見事すぎる。

後ろの雛壇にいる北川くんからは「もっとデカい声でボケてくれ」とアフタートークの際にダメ出しをくらっていたので笑い事じゃないと思いつつ笑ってしまった。雛壇に背を向けているため、面白いことを言っても借り隊が拾えない模様。


アフタートーク

番組終了後5分~15分程  ※月曜日の場合

曜日や出演者によってか~~~~な~~~~り変動する模様。火曜から木曜の観覧をしていないので定かではないのですが、Twitterのレポを見る限りでは月曜のアフタートークは他の曜日より短いっぽい。*5
月曜メンバーのアフタートークはみんな舞台出演等で忙しいため近況報告が多い。だいたい久保田さんの「先週何してた?」を皮切りに話題スタート。


おまけ

「健康!歯っピーライフ」コーナー収録

f:id:edmm_yummy:20190703080320j:plain

現役の歯科医が登場し、健康に深く関わる「お口」のケアについて詳しく紹介する。

(Wikipediaより引用)

サンスター提供、白衣の久保田さんが観られる天才のコーナー。毎月中旬頃、アフタートーク終了後に収録。観覧も可能。

ゲストの歯科医の先生がボケ殺しの才能に溢れており久保田さんのボケが永遠に貫通しないので、高度な漫才を見ているかのような錯覚に陥る不思議なコーナー。※至って真面目な話をしています。完全に漫才の間になっているのが良くない。

収録の翌週に放映。コーナー放映中にVTRを観ながら爆笑している月曜メンバーと、はにかんでいる久保田さんは必見。













アフタートークの内容も放送休止中にまとめられたらいいなあ。この記事の編集を始めたのが7月1日だったのだけど、だらだら推敲しているうちになんと8月19日になりました!
本日の放送ではゾンビになっていた推しが番組MCに復活します。*6





舞台「仮面ライダー斬月」千秋楽の京都からそのまま駆け付け、それから一度も休まずに1クールのあいだ出演し続けた久保田さん。本当にお疲れ様でした!

久保田さんは直近まで映画の撮影やドラマ「TWO WEEKS」の撮影*7があるので、猫ひたお休み期間中も変わらずお忙しそうでしたが…………ご自愛下さい。



わたしも本日の久保田さんのMC復帰と、これからも続いていく東北〜神奈川間の反復横跳び第2章に備えてお仕事頑張ります。


横浜へ向かう高速バスの車内にて推敲オワリ。









*1:舞台「八王子ゾンビーズ」(2018)

*2:地元ネタ

*3:服部くんの潜入リポートのVTRを見て永遠に笑ってるのをよく見る。かわいい。

*4:久保田悠来のワイルドクッキング前

*5:初日に久保田さんが3分くらいで締めに入ったとき、借り隊のみんなが驚いて止めていたくらい短い

*6:映画「八王子ゾンビーズ」撮影の為、8月5日の放送ではtvkの根岸佑輔アナが久保田さんの代打を務めて下さいました

*7:カンテレ火9枠。三浦春馬さん主演。久保田さんは高嶋政伸さん演じる政治家の秘書・間宮裕役として出演中!