はきだめにつる

とりとめのないこと

2016観劇まとめ

今年も無事推し納めをしてきました。

2016年がようやく終わる~~~。嬉しいな。

まほうがとける瞬間というものを初めて味わい、個人的にとても鬱々とした1年でした。友人と「(推しを見なすぎて)推しの顔忘れる」って冗談みたいに言ってたけど、比喩でなくまじで忘れそうだった。
降りずに2017年を迎えられそうでよかったです。なんだかんだ5年目に突入する俳優おたく生活。まだまだわたしの偶像でいてね。

今年は本命現場のあいま、行ける範囲で舞台等々にふらふら~っと足を運んだ1年となりました。

来年は映像俳優の本領発揮をかなり切実に期待しつつ、2016年の観劇などなど振り返っていこうと思います!


2月

2/6 「私のホストちゃん THE FINAL~激突!名古屋栄編~」

俺たち栄の暴れ馬たちがホストを目指す!No.1!No.1!

福岡中洲編のとき友人に連れてってもらって楽しかったから今年も行こ~~!みたいなゆる~いノリのつもりが、終わってみたら璃来哉くんに陥落していた。No.1レビューの幕が上がった瞬間、瞬きも手拍子も忘れて、世界が止まったみたいに、ステージのまんなかできらきら輝く璃来哉くんをみていた。なんでよりによってレビューの日にりあこ化するかなあ。「ゴーシゴシご指名\チョーーダイ!/」のシャウトがかっこよすぎていまだに引きずるはめになる。後遺症で麻璃央くんに軽率沸きしてしまうのそろそろやめたい。ヅラ着用時は沸けないから安心してスルーしてたけど熱海がこわいよ~~~

途中でママ僕観にきたんだっけ?ってくらいママ!ママ!連呼されて笑った。菜摘ママのバブみさいこう!



2/11 「SHOW BY ROCK!! MUSICAL」初日

YGT*1なので三津谷さん演じるシュウ☆ゾーくんを絶対に見なければならない謎の使命感に満ちていた。三津谷さんほんとうに絶対アイドル愛・N・G………
サンリオ監修らしく衣装のお耳やしっぽがもっふもふでとてもかわいかった!祥平くんのリクちゃん2次元かよ。全体的に再現度高くて感動した!

レッドトマホーク*2をイケイケに鳴らしまくるクロウちゃんがかっこよすぎて、ライブパートは家畜*3として赤ペンラ振りました*4
(YGTとは)
歌上手い設定のキャラが歌上手いと感動する。
客降りファンサはなかったけど、最近の2.5界隈によくある流れのお手本みたいな舞台だったとおもった。※芝居とライブの二本立てみたいなあれ。


3月

3/2 少年社中「パラノイア★サーカス」

舞台「パラノイア★サーカス」感想 - はきだめにつる

最近「かってに改蔵」を読み返して、妙にデジャヴるなあと思ってたらパラノイアだった件。改蔵パラノイアも「信頼できない語り手」の手法を踏襲していることに気づく。

信頼できない語り手 - Wikipedia

今でも、どこか懐かしくてやさしい、あの夢の世界の虜。
パラノイア観劇後、「毛利演出で執事サーカス編観たい!!!!」ってツイッターで騒ぎまくっていたので、後日発表されてメチャメチャ嬉しかった。


5月

5/15 朗読劇「ラヴ・レターズ」

朗読劇「ラヴ・レターズ」観劇感想(後編) - はきだめにつる

青木さんの声が好きなので、彼のアンディーをまた観てみたい。ていうか「私の頭の中の消しゴム」出てほしい。


6月

6/30・7/8 ミュージカル「エリザベート

城田トート、人外すぎる(賛辞)
わたしは美の化身~~~~!獣のような美しさと垂れ流しのフェロモン。
ルバーブロンドに輝く髪があんなに似合う人間をわたしは城田優と推ししか知らない。※井上トート様未見です
死ぬときは彼のキッスで引導を渡してもらいたい。

肉食獣の咆哮と、這いずる蛇のようなひそやかな気配を併せ持つトートさま。皇太子の棺からズルリと現れるシーン、気味が悪くて最高だ!
加藤くんの子ルドと並ぶと、ライオンとウサギちゃんって感じのサイズ感でおもしろかった。

ルドルフをWで観たらルキーニもWで観たくなって非常に困った。もともと持ってた日程が山崎さんのみだったのだけど、成河さんの帝劇キャスケと仕事の休みがひたすら合わず泣く泣く見送った。

狂言回しのメリバが大好きなんです。
山崎ルキーニのシニカルで飄々としたイタリア男感とてもよかった。舞台を縦横無尽に引っ掻き回し、自分は高みの見物。あまやかな声の皮肉屋さん。ミルクもキッチュもキラーチューンでずるい!!!すき!!!


7月

7/5 斬劇「戦国BASARA4 皇 本能寺の変

アクションは正直西田時代のほうが好きなんだけど、ゲームアクションの再現とてもよかった!左近の肩車アクションかっこいい!又兵衛さんが本物すぎた。
武将祭2013ぶり(!)に伊阪くんの慶次を見て、なんだかすごく懐かしくなった。どんなに離れてしまっても、BASARAがわたしの原点なのだ、きっと。

賢志さんの明智がとても好きでした。ゲームの1プレイヤーだったわたしが、舞台BASARAを応援していくきっかけをくれたひとり。お疲れ様でした。



7/8 「新・幕末純情伝」

舞台「新・幕末純情伝」観劇感想 - はきだめにつる

お正月再演おめでとうございます!
こんなに早く再演すると思ってなかったからびっくりした!玲奈ちゃんの沖田・石田さんの龍馬がまた揃うと思うとわくわくする!


9月

9/6 舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」

ちゃんと記事書こうと思って書きあがってない(・・・)
観劇後泣きすぎて水分不足になって体調崩した……。



9/14 舞台「アヒルと鴨のコインロッカー

2時間ぶっ通しのTHEストプレ!

作中の「神様」はたしかにディランなのだけど、きっとドルジにとっては河崎の存在が誰よりも神様なのだろう、そう思えてしかたない。
河崎へ対する信仰にも似た陶酔が、映画版よりもずっと色濃く感じた。

元の河崎像からドルジのトレースする河崎像がかけ離れていくほど、圭ちゃん演じる河崎から生のにおいが消えていくような気がした。

正直言うと、実際観るまで圭ちゃんは河崎じゃなくてドルジ役だとおもってた。(英語喋れるから………)
でも河崎でよかった。
ぞっとするほど超然としていて、どこか人間味がないの。
河崎本人は裏表のない善人なのだけど、終始穏やかな雰囲気のせいか、感情の読めない気味の悪さがどことなく漂っていた。

ジェームスくんの前半後半での演じ分けもとてもよかった!アヒ鴨における要の大役・ドルジ。河崎にくっついて回ってるときの笑顔、メチャメチャ無邪気で可愛くて、舌ったらずな日本語がいとおしい。

圭ちゃんもジェームスくんも、お芝居を牽引し続ける多田さんに飲まれず、せまい舞台のなかでそれぞれがとても個性的で輝いていた。

映画も舞台もほぼ同じ二時間。
ほさかさんのツイートを見て、どうまとめるのかな~と期待していたけど、テンポよく展開していくせいか体感二時間もなかった気がする。物語の肝となる叙述トリックの部分も視覚的にわかりやすくて、映画のDVD見返して予習しなくてもよかったな~とおもった。



9/17 「サマーソング」舞台挨拶
映画「サマーソング」感想 - はきだめにつる

普段自分より一回り年上の俳優さんを応援しているので、若いイケメンの活力に触れてへろへろになりました(?) あ~~~お亮かわいい。癒し。


10月

10/29 タクフェス「歌姫」仙台公演

グッときたぜよ~~~!
タクフェス初体験だったのだけどメチャメチャ楽しかった!!!
笑いあり、涙あり、踊りあり!王道エンタメど真ん中な作品。
招木がロビーにズラッと並ぶ様がお祭り感を煽る。

ドラマ「歌姫」がとても好きだったのだけど、本家で今年再演するのを知ってとても楽しみにしていた作品。

入山ちゃん超絶かわいい。鈴ちゃん、とてもハマり役だと思った。

後半の太郎ちゃんと神宮寺くんのシーンはぜんぶずるい。
人情系の王道ものに弱いうえ、土佐弁が妙に心に刺さるので、社畜の涙腺にもろにヒットして辛かった。登場人物がみんないとおしい。宅間さんの太郎ちゃんをまた観たい!


11月

11/26・11/27 ミュージカル「黒執事~NOAH'S ARK CIRCUS~」

さあ、魅惑のサーカスへ

火花あり、曲芸あり、魅惑のサーカス。
年末まで感想まとめようとおもってたのだけど無理だったからお正月休みの間に書けたらなあと。


12月

観劇予定が3つあったのだけど、取ってたチケットぜ~んぶ手放してしまった。不可抗力です。
本命現場とハンサムライブと黒執事愛知大楽が被り、あまりにも今年推しに会えなかったので本命現場を選ぶ。執事大楽被んないと思ってチケット取ってたし、良席すぎて手離すのメチャメチャ後悔した。12月観劇運ないなあ。




病みちらかした2016年。
本命の現場が少なくても、合間を縫って観劇予定を詰めるのがとても楽しい1年でした。本命さんの活動が映像メインなので尚更。
メンタルの限界を感じたらチケ取るスタイルで1年やってきたけど、仕事で病んでる時期に舞台が集中してるの、我ながらわかりやすく癒しを求めていて笑う。
仕事も推し事も辞めずに年越せる!

2017年も年始から本命現場あり、舞台ありで、2016年よりずっと幸先明るい。よかったよかった。

それではよいお年を~~~!




*1:「夢銀河ツーリスト」の略。シュウ☆ゾーくん率いる3人組バンド「トライクロニカ」のファンの総称。

*2:クロウちゃんのギターのこと

*3:「シンガンクリムゾンズ」のおたくの総称

*4:トラクロのペンラカラーは緑