読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はきだめにつる

とりとめのないこと

映画「サマーソング」感想

映画 若手俳優

観る予定だった映画と同じシアターで初日の舞台挨拶をやるとのことで、軽率に入ってきました初日。キラキラなイケメンの波動を感じたかった@シネマート新宿。

おたくみんな若いね。お友だちと待機列に並びながら、普段のファン層とのギャップにへろへろ~~ってなってしまった。推しさんのファンは年齢層が高い。

吉沢亮さん初主演作。前情報一切調べてなかったので、当日まで舞台挨拶登壇者も出演者も誰がいるのかさっぱりわからないまま観ました。知ってる人たちばかりでよかった……。よく見たらポスターの目立つとこにばばりょとわだっくまいた!


なんかちょっと前によくあった、テニミュ1stキャストわらわら映画(「ローカルボーイズ」とか)のちょっと予算高めの企画って印象。トラウマ持ちの主人公、男くさい友情、ゆるい日常と切なさと心強さと。

ローカルボーイズ! [DVD]

ローカルボーイズ! [DVD]

お亮主演ってことで、勝手に「僕たちは世界を変えることができない。」的な方向性かな?とおもってたので、思ったよりゆるくておバカで楽しめました。



以下ネタバレあり感想。


市原健一(イッチー)は憧れの父の不慮の事故により大好きなサーフィンをやめてしまい、それからは親友達と彼女探しをしたり、アイドルの竹原あいこの追っかけをする日々を送っていた。

そんなある日、親友のまこっちゃんとバンズが海に行こうとイッチーを誘う。

海に行く事に抵抗があったイッチーだったが、海の家で働いてる友人のたけしとひろきに会うために渋々海に向かう事に。

その道中で若い女の子のつぐみとえみこと出会った3人だったが、この2人の女性にお金をスラれてしまう。

海の家でたけしとひろきに再会するも、お金をスッたつぐみとえみこまでもと再会してしまう。

果たしてイッチーは再びサーフィンを再開するのか?そして友人やつぐみ達との関係はどうなってしまうのか?


かなりサクサク進むストーリーが特徴の本作、冒頭約10分くらいで主人公がサーフィンへのトラウマを持っていることが発覚する→親友2人「俺らが一肌脱いで、トラウマ克服させようぜ!」→海に誘ったぜ!→カノジョ作ろうぜ!(を口実に)→海に向かうぜ!ここまでおそらく20分くらい?多少の違和感と不自然さも、サクサク進んでいくストーリーの前では塵に等しい。



23歳の親友3人組、イッチー(吉沢亮)・まこっちゃん(浅香航大)・バンズ(赤澤燈)。彼らは将来への漠然とした不安を抱えつつ、それぞれに惰性で日々を過ごしていた。そんな中、イッチーのトラウマ克服のために、まこっちゃんとバンズはある計画を立てる。海にいくのだ。

イッチーにもう一度、サーフィンをしてほしい。

彼らは全員童貞。カノジョを、ピチピチビキニギャルをゲットし、童貞を卒業しよう!
と、イッチーを焚き付ける二人。

憧れのオカズグラビアアイドルとベッドインする妄想だけで多幸感でぶっ倒れる三人組。そして、女性免疫がなさすぎてころっと行きずりの女に騙される。愛すべきアホ。

グラビアアイドルと自分の行きすぎたベッドシーン妄想を繰り広げ、イッチーのアパートでギャーギャー騒ぐシーンがあるのだけど、撮影中騒ぎすぎてロケ地のリアル大家さんに怒られたそうな。納得。

また、彼らの物語に絡んでくるワケアリ女性陣。
盗癖がやめられない女・つぐみ(筧美和子)とその友人えみこ(天野麻菜)。
売れないグラビアアイドル・竹原あいこ(丸高愛実)。

そして、3人組の友人たち、たけし(和田琢磨)とひろき(馬場良馬)。




自身がイッチーたちとドンピシャ同世代なので、なんだか自身の境遇と重ねて観ていた。

23ってなんだか中途半端ですよね。なが~~~~いモラトリアムを抜け出して、「大人」に分類される年齢ではあるけど、社会人としてはひよっこで、子供扱いもしてもらいたい微妙な年齢。
仮にイッチーたちが大卒だとして、社会に出て2年目。右も左もわからずとりあえずがむしゃらに働いて1年。2年目ともなると多少慣れてきて、入社したときの勢いは徐々に薄れていく。
 大多数の人々は、23くらいになれば自分は結局、何者にもなれない「凡人」側の人間なのだと諦めがつく。幼い頃はきっと何にだってなれたのに。生活のために仕事をして、お金を稼いで、至極まっとうに生きる。そんな中、同級生や友人から結婚の知らせがあったりして、自分はパートナーがいなくて焦ったり、でもまだ自由でいたくて、なんかそういうの。

だからこそ、ひとつ秀でたものだったりとか、諦めきれない夢を持っているイッチーに、まこっちゃんやバンズたちが期待をかけてしまう気持ちは痛いほどに理解できた。
自分たち凡人とは違うのに、殻に閉じ籠って諦めた顔をしているイッチーに、歯がゆさを感じてしまうのだ。


たとえば、まこっちゃんは実家の自動車工場を継ぐのだという。彼が昔抱いていた「夢」は劇中で言及されなかったけど、きっとなにかを諦めて、もしくは惰性で選んだ未来だってことが示唆されていた。敷かれたレールを進んでいくことにきっと疑問も抱いたのだろう、だけど。何者にもなれないからこそ、これからも生活をしていくために妥協する。
どどどど童貞ちゃうわ!」って言い出しそうなアホで気のいいまこっちゃんとは裏腹に、ちゃんとこれからのことを考えて生きようとしてるまこっちゃんに感情移入して苦しかった。
※そんなヘビーな映画ではない


たけしとひろき(ひろしってさっきから5回は書いた………)は、しがらみにとらわれず、好きな仕事を選び、目先の楽しみを優先して生きている。わたしからしたらすごく羨ましい生き方です。今が楽しいほうがいいじゃん!って言い切れる人は強い。

なんの話だっけ。
そう、現代でよくある話だなって思ったんです、「サマーソング」のストーリー。バカっぽさも含めて、5人組の関係性とか、心の機微がリアルだなって思った。女性陣は舞台装置だと思うことにした。
性体験とか元彼・元カノの人数とか、仲間内でつい見栄張って、吹かしたことある人いるんじゃないかな!


まこっちゃんやバンズたちの中でイッチーはきっとヒーローで、普通に憧れて勝手に期待をかけて、挫折をしたら皆で励ます。でも、トラウマを克服したイッチーは彼らからの期待に潰されない。

「みんなイッチーのことが好きなんだよ」って台詞があるけど、それである程度通じてしまう友人関係って、綺麗事かもしれないけど素敵だなあと思った。世界がやさしい~~~~。程度の大小はあれど、友人同士で憧れを抱き合うことってたぶん普通にある。それを重たく思ったりしないのは友人だからなのかな。



イッチーはじめ3人組の愛すべきおバカ感は見ていて元気になるし、こんなにお顔がいいのに童貞って設定無理があるのでは?って思ったけど、女性に対してのキョドり感とか、男3人でいたほうが楽しいし!?みたいな強がりとか、グラサンかけてふざけてドヤりまくるとことか、海のオーラ感じる(?)ために海に向かってばんざーい!したりとか、基本的に偏差値足りてなくて笑えたし、ヤンチャでバカで、そりゃ童貞だわ。

みんなが集まってるとこで一人だけおかしいテンションになって周りがしらけるのとかメチャメチャおたくあるある。浅香くん、キモータを演じるのがすごいうまくて、不憫でかわいかった。3人組でいるときのボケ冷静ボケの応酬とか、ちょっとした掛け合いが自然で楽しい。
肉食の女性陣に迫られてキョドりまくるお亮とともるんは一見の価値あり。

たけしとひろきはクライマックスの種明かしがあるまでクズ描写がこれでもかってくらいに続く。損な役回りだなあ。
問題解決してないのに馴れ合い始めて、エッ・・・ご都合展開やんけ・・・と思ったら、実は今までの全部演技でした~~っていうオチ。やさしい世界~~~。実際、どんなに仲が良くてもずっと友人関係を続けていけるのって一握りで、価値観が変わって自然と離れてしまったりすることのほうが多い気がする。だけど、「俺らも変わってないよ」と言ってくれる二人のやさしい世界。※ただし非童貞。



舞台挨拶、フォトセッションのムービーに向かってお手振りするのだけど、お亮の振り方が顔の横でぺぺぺぺぺぺぺって小刻みに振っててミーアキャットみあってとてもかわいかった。

ひらかたパークのミーアキャット。
f:id:edmm_yummy:20160918014109j:plain


「青春を謳歌できなかった人。周りの環境がどんどん変わって、自分だけが置いてけぼりな気がする人。あと一歩が踏み出せない人。そんな人たちの背中を押す力の1つになれればうれしいかなと思います。男ってどこまでもバカで愛おしい生き物だなと、感じてもらえる作品です。」
吉沢亮が映画初主演 中前勇児監督『サマーソング』9・17公開 | ORICON STYLE:引用)


たとえば日本中がパニックに陥ったりとか、隕石が落ちたり、劇的な何かが起こる映画ではない。
これからも彼らのゆるい日常は続いてゆくのだろうけど、今回の出来事をきっかけに、ちょっとだけ世界はきらきらして映る。彼らの未来が少しだけ想像できて、なんだか自分まで前向きになれた。


お亮、ウェットスーツが異様に似合う。サーフィン映画って銘打ってあったけど、主人公がサーフィンするのは最後の最後のみでした。モブのサーフィンシーンはたしかにやたら多かった……………。




全編ドランクドラゴン鈴木さんの扱いがどこまでもかわいそうで笑えない。クレーム事案だょ。。。消費者センター行こ。。。ごくせんとか2000年代のドラマでこういうモブっぽいかわいそうな扱いの芸人さんよく出てたよね。よくも悪くもテレビっぽくて、なんか懐かしい気分になりました。



TVアニメ「イクシオン サーガ DT」OP&ED曲 DT捨テル/レッツゴーED (初回限定盤A)

TVアニメ「イクシオン サーガ DT」OP&ED曲 DT捨テル/レッツゴーED (初回限定盤A)

レッツゴーED!イケイケゴーゴー!