はきだめにつる

とりとめのないこと

舞台「新・幕末純情伝」観劇感想


徳川260年の泰平の世が、今まさに崩壊せんとしている文久3年。
武士になりたい一身で、京都への道を急ぐ一群の男達がいる。
近藤勇率いる、新撰組
その隊士の中に「女」がいた。沖田総司
小さい頃から男として育てられ、
ただひたすら剣の修行を強いられてきた孤独な女――。
風雲急を告げる、時は幕末。
勤皇、佐幕が入り乱れる動乱の京の街で、
総司は愛する土方歳三のため、
一人、また一人と勤皇の志士たちを斬り続ける。
そして、そんな総司の前に、一人の男が立ちふさがった。
その男こそ、日本に新しい時代をもたらす男。土佐の龍、坂本龍馬――。
裏切りと憎悪渦巻く暗黒の時代、
総司と土方、そして龍馬の胸を焦がす、熱い恋の行方とは?
そして、勝海舟桂小五郎・・・ 幕末の若き志士たちが夢見た、
新しい時代の夜明けとは?


全33公演の長丁場お疲れ様でした!
紀伊國屋ホール3公演め、玲奈ちゃんFCの友人にお誘いいただいて観劇してきました。

おそろしく近かった。距離的な意味でも、なんというか精神的にも。

役者さんたちのあらゆる体液が舞台上に散り、降り注ぐ弾幕のごとく台詞が飛び交う。
息つくまもなく展開していくハイテンポな掛け合いは銃撃戦のようで、板の上の彼らはフィクションの世界を生きているはずなのに、どこまでもリアルに響いた。
ガチンコ勝負の緊張感がホールいっぱいに満ちていて、役者さんたちの命が煌々と燃えている瞬間を、たしかに視た気がした。

ものすごい熱量に圧倒され続け、お芝居に釘付けの二時間でした。

新・幕末は初見だったのですが、沖田総司役の松井玲奈ちゃん、坂本龍馬役の石田明さんともに大ヒットハマり役だったので、また機会があれば同コンビのお芝居を観てみたい。


個人的に、ミーハーに沸いて半ば義務みたいにに通う演目と、初見で圧倒されて咀嚼するまでかなり時間がかかる演目があるのだけど、新・幕末は後者だった。数を詰めれば詰めるほどいい意味で消化不良を起こしてしまう気がして恐ろしい。
観劇から1ヶ月近く経とうとしている今ですら、うまく飲み込めていない。数々の台詞を反芻するとぐるぐる、正解のない解釈の沼で往生してしまう。

観劇後、情報過多気味にふらふらとバスに乗り、爛々として眠れないまま朝になり、一週間くらいは仕事をしながらふと思い出して苦しくなっていた。


際どいシモネタばかりが先行してメディアに取り上げられがちなのだけど、その実、長台詞の応酬のほとんどは、美しく耳馴染みのいい日本語ばかりだった。




以下キャスト別雑感。
盛大にネタバレしてます。





沖田総司(演・松井玲奈)

メインビジュアルですでにハマり役の予感がビンビンしていた玲奈ちゃんの沖田総司、ガチのハマり役だと思った。
男所帯に華奢で目元の涼しい美人。土方さんが嫉妬に狂ってしまうのもわかる。

海舟に始まり、土方・桂・坂本と、彼女を翻弄し、そして彼女によって狂わされていく男たちに、これでもかと食らいついていく。
絶対に負けるもんか、熱い気概を感じた。
女であることを隠し、つねに肩肘張って生きている「沖田総司」と、役者として板の上にいる玲奈ちゃんがリンクして、ガチンコ勝負の緊張感が作り出されていたのかも、と今となっては思う。
北出菜々さんの曲をバックにバッサバッサと男たちを斬り捨てていく総司はとてつもなくヒロイックで、泣きそうになってしまった。

ふとした仕草が凛としていて品があり、終盤に明かされる総司の背景に説得力があった。龍馬とのシーンで胡座掻いてるとこがめちゃくちゃ好きです。

総司を取り巻く男たちの印象が機関銃なら、彼女は舞台の真ん中に凛と突き刺さっていた妖刀菊一文字のようでした。刺すような視線の気高さと、まっすぐ通った芯を持つ沖田総司

前半の総司はひたすらにピュアである。海舟の元で男として育てられ、齟齬を感じながらもそれに従い、血豆だらけの手で剣を握る幼少期。
家を飛び出し、恩のある新撰組に促されるまま人斬りとして名をあげていく。
自我が赤ん坊並みの総司は良くも悪くもまっさらで、自らを導く人によってその姿を変えていく。

そんな中、総司は龍馬と出会い、女として、また一人の人間として、自我の目覚めを迎える。無垢なまま身体だけ女になってしまった彼女は、生まれて初めて身を焦がすような恋を知るのだ。


序盤の、男として振舞いながらも時たま見せる乙女な素振りが絶妙に可愛い。
キャンキャン吠えるチワワみたいに龍馬へと突っかかっていくシーンは正直めちゃくちゃ萌えた。めちゃくちゃ少女漫画してた!

後半、拠り所であった新撰組から裏切りを受け、諦観とも失望ともつかない表情で決別するシーンが印象深い。
新撰組のみんなだけが労咳持ちの自分に優しくしてくれたのだ、と場面場面でサブリミナルのように台詞が入るだけに、悲痛なシーンだった。

運命に翻弄され、傷つきながらも強かに生き抜いた松井沖田の姿はどうあがいても美しく逞しい。
ああ~~~龍馬と土佐の月見て仮初めでも幸せになってほしかったんじゃあ~~~~~~

一部メディアの話題にのぼった過激な台詞もたしかによく言わせたな~と思ったけれど、命を削ったやり取りの、クライマックスにその場面があるので、卑猥さも過激さも微塵も感じなかった。もったいないからみてほしい。



坂本龍馬(演・石田明)

ノンスタ石田さんのお芝居、初見だったのですが今回目の当たりにして圧倒されました。流石の滑舌!台詞量が出演者の中でもダントツで、発した言葉のほとんどが長台詞だった気がする。声量も素晴らしかった。
次々紡がれていく膨大な台詞が、収まり良く耳に馴染んでいく。期待を何倍も上回る巧みさで、最高の坂本龍馬像を作り上げていた。

♪コーゴーエソーナキセーーツーニキーミハーーーアーイーヲドーコーユーノーーーー?の登場シーンが最高にお気に入り!以蔵のエアギター含め腹抱えて笑った。

正直土佐弁に弱い感があるので、リアコになりそうな気持ちを必死に抑えながら観ていた。
チャラくて変態で、コミカルな坂本龍馬なのだけど、実は誰よりも真剣に世の中のことを考えている。顔面から体液という体液を撒き散らし、血走る目で必死に訴えかける姿が最高にかっこよかった。気取っていなくて、血の通った坂本龍馬。台詞が淀みなく流れすぎて、どこまでアドリブでどこまで脚本なのか判別がつかなかった。

「一発やらせろ~~!」が高らかで卑猥さがなく、クネクネと総司に迫る様がなにかに似てる、と思ったら、「シティーハンター」の冴羽獠だ!もっこりちゃん♡とか言い出さなくてよかった……。

玲奈ちゃんの造形が作り物じみているので、石田さんの等身大なリアルさとのバランスが絶妙だった。石田さんの龍馬もかなりハマり役でした。多才な方なんだなあ。石田さんの他のお芝居も観てみたくなった!



土方歳三(演・細貝圭)

岡村舞台常連の圭ちゃん。良い人からのクズ男がハマりすぎる。前半後半の落差が凄い。

岡村さんが「男の嫉妬」がテーマのひとつだとツイートしていたけど、嫉妬というよりも卑屈さや劣等感を感じた。土方・海舟
・桂と三者三様、出自や身体に劣等感を抱えている。どこか狂ってしまうきっかけの要素は持っていて、それを目に見えてわかりやすい形で爆発させたのは土方さんだった。総司の一番も二番も三番も俺じゃないと駄目だ、と年下の女の子にすがりつく姿が情けない。でもこういう男に絆されてしまう女の子、絶対にいるよね。情けなくて卑屈でソクバッキーで打算的で、ずるい男なのである。

ディズニー週5(?)で連れてくカレシ、サイコーだと思うけど総司的にはだめなの?!

嫉妬や出自に起因する自信のなさで卑屈になっていく土方さん。
「キスなんかできるかよ!」のシーンの表情が少しのきっかけで崩れてしまいそうで危うくて、後悔や憎悪、嫉妬や情がない交ぜになって、なんとも言えなくて好き、だけど切ない。
新撰組は、新時代に生き延びて出世することを何よりの悲願としている。総司を愛しているという土方さんの言葉は本心なのだと思いたい。愛する人と自らの出世欲や悲願を天秤にかけ、彼は葛藤の末に悲願達成を選んだ。総司が一度は夢見た土方さんとの終生を、ここぞとばかりに突き放して壊していく。手段がドクズ極まりないので悪役じみているけれど、勧善懲悪の物語ではないからこそ、新撰組にも正義があり、彼らが生き延びたいと思うのもまた必然なので辛かった。

若手俳優、みんな大きいから忘れてたけど、玲奈ちゃんと向き合うと圭ちゃんやたら大きく見えてびっくりした。
ココアネタもうよくない?玲奈ちゃん枠のチケだったからか周りれなオタばっかりだったけど、誰も笑ってなくて、通じてないんだな~~~とおもった。笑



桂小五郎(演・味方良介)

色々騒動あったけどみかてぃーの桂さんを観れてとてもよかった!錯乱一歩手前の狂気を理性で抑えて常人ぶっている感じ。桂さん、全編に渡っておいしい役だとおもう。鬼気迫る熱演だった。

「これにて遊びは終わりです、アデュー!」
石田さんがフォロー入れてくれるのめちゃくちゃ笑った。周囲の玲奈ちゃんのオタクは真顔であった。正直同情した。



勝海舟(演・荒井敦史)

新・幕末に荒井くん出てるのノーチェックで、あれ?!出てる?!?!ってなった登場時。
舞台上での存在感がピカイチ。勝海舟史上最年少とは思えないほど貫禄の演技。声のトーンがどの俳優さんとも被らず、安定感があった。掛け合いや立ち回りに色気があり、表情の端々に狂気を覗かせる。苛烈なキャラクターではないのに、目の奥がギラギラと燻っていた。彼が舞台に立つと、雰囲気がぐっと引き締まるのを感じた。

海舟の劣等感は総司を狂わせ、また自らも総司に狂わされていく、宿命の兄妹。

岩倉具視に尻を狙われ、坂本からも岩倉に尻を差し出してくれ!と懇願されるの可哀想すぎる。無ケツ開城は成功しても勝さんの尻は絶対に出血不可避。



岡田以蔵(演・早乙女友貴)

殺陣の淀みなさとキレがすごい!
ずば抜けて身のこなしが美しかった。殺陣レベチすぎるでしょ?!と思ったけど人斬り役だった。納得。9月のつむ鴨も楽しみです。
龍馬との名コンビ、名サポーター。WHITE BREATHのノリノリエアギター本当に大好き!
台詞回しが独特で、前半少しもどかしくなってしまったのだけれど、後半ぞっとするほどかっちりハマる。
物語上の立ち位置も独特だった。総司と関係する男性陣の中で、唯一見返りを求めず無償の愛を彼女に与え続ける以蔵。以蔵は自らの悲願を見届け、満足げに息絶える。切なすぎる。



特筆するならば新撰組vs総司の対峙シーンの久保田創さんの迫力が鬼のようだった。自らが人斬りとして祀り上げた少女を踏み台にし、生き延びようとする愚かさ。生きることへの強い執念。飛び散る唾と表情に圧倒されました。


始まる前からなにかと話題になっていた演目だったけれど、心底観てよかったと思える舞台だった。玲奈ちゃんの総司と石田さんの龍馬はきっと伝説になる。

同じ座組で数年後再演してほしい。そしてまたこの緊張感と衝撃を味わいたい!