はきだめにつる

とりとめのないこと

朗読劇「ラヴ・レターズ」観劇感想(前編)

今回観劇してきたのは「ラヴ・レターズ 2016 The Climax Special」(青木玄徳さん&遠藤久美子さん)なのですが、観劇中からずっと去年観に行った久保田悠来さん&映美くららさん版のフラッシュバックが止まらなかったので、記憶の整理をかねて記事を分けることにしました。


青木さん×遠藤さん版の感想はこちら


※この記事は「ラヴ・レターズ 2015 WINTER SPECIAL」についての備忘録です※






■STORY

幼馴染のアンディーとメリッサ。
自由奔放で感覚人間のメリッサ。
真面目でいつも何かを書いているアンディー。
思春期を迎えて彼らは一番近い異性としてお互い十分相手を意識しはじめる。
しかし、ついに決定的に結ばれるチャンスを迎えた夜
二人は友達以上にはなれない自分たちを発見する。
大学を出た二人はそれぞれ結婚し、まったく別の道を歩き始める。
海軍を経て法曹界に入り上院議員まで登りつめるアンディー。
アートの道に進んだものの行き詰まって精神的破綻をきたすメリッサ。
久しぶりに再会した二人は別々に過ごした日々を取り戻すかのように、
お互いを激しく求め合う。
しかし結ばれるには、時は余りにも遅すぎた。



 2015年初冬、「Zeppブルーシアター六本木」と改称したブルーシアターの、最初の公演がこのシリーズだったと思う。

もともとはパルコ劇場で長年続いている定番の作品で、私が観劇したのはどうやら443公演目(!)に当たるらしく、*1自分が生まれる前から続いている公演なので観に行くにあたってすこし緊張したのを覚えている。終わってすぐライブ会場に向かわなくてはならず、(武道館でライブがありました)やむなくライブTを着て観劇せざるをえなかったので会場に入る直前まで内心浮かないか不安だった。



 広いステージのまんなかに丸くて小さなテーブルがあり、それを挟んで椅子が二つ。とてもシンプルな舞台装置。アンディーとメリッサを演じる二人はそこに腰掛け、彼らの手紙のやり取りをわたしたちに明かしてくれる。

演者の声、表情、台本のページを繰る音だけで表現される、二人の一生を通したやりとり。少年時代からやがて青年へ、そして晩年へ。
二人のやりとりは一方が欠けてしまうまで続いていく。


静謐さすら感じる空気の中、ただただ圧倒された。
あるときは微笑ましく、あるときは激情的に、声と表情のみで紡がれていく物語。


ドラマや映画で他人を演じる役者さんを見ることははあっても、「誰かの一生」を演じる役者さんを見られる機会ってなかなか稀有だと思う。それが好きな役者さんなら尚更。

 ぶっきらぼうでまっすぐで、メリッサに淡い恋をしていた少年時代のアンディー。メリッサが他の男と親しくしていたことを知り、むくれてしまうかわいい少年。真面目だけどどこかやんちゃ気質で、そのときできる精一杯でメリッサに「愛を込めて」手紙を書いていた少年時代のすがた。

 奔放で勝ち気で気まぐれで、アンディーよりずっと上手のメリッサ。アンディーを軽くあしらい、『ワルイコト』がしてみたい年頃の女の子。

やがて二人は成長し、すれ違い、それぞれ別のパートナーと結ばれる。中盤は「幸せ合戦」ともいえる見栄の張り合い。

 分別のついた「大人」となってしまったアンディ。保身からメリッサを避け、体裁ばかりを気にかける。アートの世界で成功を収めたものの、ドラッグや酒に溺れ、精神的破綻をきたすメリッサ。晩年はアンディーに依存してしまう。

 すれ違って、結ばれて、またすれ違って。やがてメリッサは死を迎える。メリッサの死に際して、アンディーは最後の「ラヴ・レター」を彼女にしたためる。二人で紡いできたやり取りが幕引きとなる瞬間のモノローグ。静かにフェードアウトしていくライト。


 アンディーは半身を無くした慟哭とともに、メリッサへの長年の想いを吐露する。声を詰まらせ、それを繕いながら、後悔に涙するアンディー。
大人の男の人ってきっとこういうふうに泣くのだろう。60を過ぎたアンディーの、これまでの人生の厚みがふとほどけていく。メリッサとの手紙のやりとりが、彼のゆくさきに灯る光であったことをわたしたちは知る。

手紙は自分自身なのだ、としばしば口にしていたアンディー。
届けるあてを失った「手紙」は、いったいどこへ行き着くのだろう。





 終演後にアフタートークがあったのだけど、演じきって声を枯らしてしまった久保田さんが印象的でした。普段飄々としている久保田さんなのでなんだか珍しくて、そんな瞬間に立ち合えたことが幸福だった。


 前半はコミカルで、「股間が肉離れ!」みたいな台詞をイキイキ楽しそうに演じていた動のお芝居。後半、ぐっと低い声で大人になったことを感じさせる静のお芝居。地位や体裁・プライドに縛られ、公私ともに成功していて幸せそうなのに、どこか閉塞感のある晩年。そして終盤のモノローグへ。幾重にも色を変えて展開されるお芝居に引き込まれた。本当にアンディーの一生を演じきったんだなって感動と謎の実感があった。ハッピーエンドの幕引きではないけれど、心地のよい残響がしばらく残る作品だった。


 お手紙を出そう!と書き出し始めると書きたいことがたくさんありすぎて、何枚にもふくれてしまうので普段極力手紙を出さないようにしているのだけど、どうしても「親愛なる」から始まる手紙を渡したくて、その日ばかりは長ったらしい手紙を書いた思い出。次の日ちょうどよくイベントだったのでリアルタイムでプレ箱に突っ込んだよね。懐かしいです。



後編に続く。

*1:初演カップルは役所広司さん・大竹しのぶさん